スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「漁船と大漁旗と鹿行魂と」

1505020_581573021912182_404333094_n.jpg

「漁船と大漁旗と鹿行魂と」
震災後初めてのはまぐり祭りが開催されました。
実に3年ぶりです。

お恥ずかしながら私自身は初めて参加。
海の近くに住んではいるんですけどね・・。
豊かな海鹿島灘の恵み。いまさらながら実感でした。


震災後初の「はまぐり祭り」
(12月22日NHK水戸放送局)
http://www.nhk.or.jp/lnews/mito/1073888121.html?t=1387719899516
鹿嶋市で、地元で水揚げされる魚介類をPRする催しがおととしの震災後初めて開かれ、大勢の家族連れなどでにぎわいました。
「鹿島灘はまぐり祭り」と名づけられたこの催しは、鹿嶋市や地元の漁協が平成17年から開いてきましたが会場の鹿島灘漁港周辺の岸壁や道路が震災の津波や液状化で被害を受け3年ぶりの開催となりました。
22日は、鹿島灘でとれた特産のチョウセンハマグリ(汀線蛤)およそ1.5トンをはじめ、イカやホッキ貝などが用意され、市価のおよそ半値でバーベキューやカレーなどにして販売されました。
会場には大勢の家族連れなどが訪れ、地元の海の幸をおいしそうに味わっていました。
訪れた人は「3年ぶりにここでバーベキューができてうれしい」とか、「震災でたいへんだったと聞いていましたが、祭りもできて良かった」などと話していました。会場では漁協の幹部なども参加した模擬のせりも行われ、港は活気に包まれていました。
鹿島灘漁協の小野勲組合長は「みなさんの協力でここまで復興し、この日を迎えることができ、漁業者も感謝しています」と、話していました。
(リンク先より)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sugiyamakobo.blog92.fc2.com/tb.php/378-b5f433d3

ブログ内検索
管理人

杉山圭治

Author:杉山圭治
『地域に誇りを』 胸に鹿行魂的話題をお送りしています。
鹿行魂facebookページもあわせてご覧ください。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。