スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第2弾!キズナ強化プロジェクトin潮来

『キズナ強化プロジェクト』の一環で
韓国の中学生の訪日団約100名が潮来プログラムにやってきました。
潮来での行事は、前日潮来の日の出地区の被災及び復興状況の視察、そして地元中学生との文化交流、
前川あやめ園の清掃ボランティアそして、青年部船頭による「ろ舟運航」観光交流とざっとこんなところ。

韓国の中学生を乗せろ舟運航。
320456_343478572411296_1367171576_n.jpg

韓国中学生訪日団を代表としてお礼の言葉をいただきました。ありがとー。
76257_343478622411291_1016147926_n.jpg

そして船頭に汗をながして交流した青年部員。
556988_343478605744626_2123445014_n.jpg

最後に通訳さんに内容を説明してもらって鹿行魂ステッカーをひとりひとり手渡しました。
429305_343478629077957_468283154_n.jpg

キズナ強化プロジェクトとは?
http://sv2.jice.org/kizuna/what/about/

前回第1弾の潮来訪問レポートもいただいています。ぜひご覧ください。
http://sv2.jice.org/kizuna/2012/09/12-2.htm
スポンサーサイト

二人三脚

運動会でのひとこま。

6年生になると恒例の親子二人三脚の競技があります。
この一瞬のために
「練習しようよ」
と娘に誘われてお互いの足を手拭いで堅く縛る。
『しょうがねぇなー』と面倒くさそうにするが
まんざらでもない自分もいたりする。

3692_384780094929118_1826150974_n.jpg

きっと最初で最後の二人三脚ダロナ。

姫路からのお便り

兵庫県姫路市の鹿島アントラーズサポーターさんから
写真のお便りが届きました。

「姫路城(中央奥小さく見えます)とアントラーズと鹿行魂と」
76274_386972048038948_1789120793_n.jpg

風切ってどちらまで走るんでしょうね・・・。
お便りありがとうございました^^

まだまだ鹿行魂繋げます!!

ほこた農商工企業組合

鉾田市商工会青年部員13名で出資して設立された
「ほこた農商工企業組合」と
店舗兼加工場「ほこてん」が
NHKニュースになっています。

詳しくはリンク先で
スクリーンショット 2012-09-20 10.57.12

動画も有ります。
ぜひご覧ください。
http://bit.ly/Rw4s7O

鹿行魂の幟も誇らしげです。

183383_383687678371693_1522961526_n.jpg

『キズナ強化プロジェクト』

産経ニュース
東日本大震災1年半 明るい復興、潮来から発信 茨城

韓国中学生 茨城県潮来市を訪問!

『キズナ強化プロジェクト』
アジア大洋州地域及び北米地域との青少年交流
被災地訪問プログラム

とまあ題名長くて良く分かんないけど、
要約すると日本は大震災にあったよ。
だけど、みんなで頑張ってここまで復興したんだよ。
このがんばりの経験をみんなで共有して、
ぜひ持ち帰って家族や近所の人みんなに話してくださいね。
というプロジェクトです。
潮来市商工会青年部としては、
いつも通り「おもてなしの心」で対応させていただきました。

その他、
日の出地区の惨状を見学したり
前夜は潮来の中高生とも文化交流で盛り上がったようです。
ご報告までに。

韓国の中学生総勢100名の前川あやめ園の清掃ボランティア
P1030693pre.jpg
P1030698pre.jpg
P1030700pre.jpg

その後青年部が漕ぐろ舟体験。
P1030690pre.jpg

ろ舟大好評でどこかのイケメン船頭は写真撮られまくりでしたよ・・。
DSC_0033pre.jpg

最後にみんなで集まってお礼の言葉がありました。
P1030703pre.jpg

中学生の女の子が代表でお礼のあいさつ。左は通訳の方。
P1030713pre.jpg

このプロジェクトまだまだ続きます。
P1030709pre.jpg

意外とこんな民間交流が大事なんだと思います。
そう思わせてください。
ブログ内検索
管理人

杉山圭治

Author:杉山圭治
『地域に誇りを』 胸に鹿行魂的話題をお送りしています。
鹿行魂facebookページもあわせてご覧ください。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。