スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プールの中の住人

ここはとあるプールの底。
プールの中の住人1灼熱の太陽の下、
きゃーきゃー騒ぎながら水遊びをする子供・・。
うちの子供だったらどんな顔するかな・・・。
私がガキの頃だったなら・・・。


そんな
妄想の子供たちが頭を駆けめぐる・・。


プールの中の住人2そう、今回はプールの底の水族館!?を描くお仕事でした。
こんなのも看板屋の仕事だったりもするんですね。汗

まず段取りとしては、一番大事なのはイラストの構想。今回は、もともとおおよそのイラスト原案があったので、その絵を取り込みつつアレンジを加える。
実際にはMacで下絵を描いて、下書き用原寸大の原稿をペンプロッタで出力。そして現場ではその原寸原稿を任意の位置のプールの底に写し取る。実はその原稿を作って写し取るまでが一番の仕事だったりもする。
そこまでしてしまえば、半分以上仕事が終わったようなものかな。

プールの中の住人3どんな顔するかなー。

よろこんでくれるかなー。

見たらきっと叫ぶぞ~~~~。
ぎゃータコだ~~。うわっくるなくるな。

そう、そんな変な妄想をし、
至福な時を味わえたお仕事でもありました。
早く夏来ないかなー。




スポンサーサイト

火の用心!!

芝宿消防団様

仕事しててもプライベートでくつろぎ中でもひとたび防災サイレンが鳴ると、体中の血液が逆流する感じがシマス・・。そして[近所じゃありませんように。]と祈る。それって現役消防団員のサガでしょうか・・・。

今回は潮来市消防団第13分団第1部様の機庫看板を設置してきました。
仕事の合間を縫って活動する消防団。かくいう私も現役消防団員ということで部長藤島(写真でポーズとってる^^;)さんと共通の苦労話をしながらの看板設置作業。

みなさんも
これからが空気が乾燥しがちな季節です。
火の取り扱いには十分注意してくださいね。

火の用心!!


こちらでも紹介してます。
すぎやま工房ウェブサイト
http://sugiyamakobo.com/sekoujirei/community/131.html

あるときはカメラマン

先日ようやく施工完了しました。エステサロンLaBiyuさま。
「エステ」ってどうしても男の私には縁遠く思ってしまうもので。
そんな訳で初めての打合せにはドキドキしながら店内に入りました。中は正直予想外(ごめんなさい)。アジアンテイストでまとめたインテリア。かっこえぇ~。
どんな看板がいいか相談された時、看板のイメージがその時すぐに思い浮かびました。
「このインテリアの印象を活かしましょうよ。」

あるときはカメラマン


こんな額縁使って看板なんか作ったらきっとかっこいい看板出来ますよ。そんな思いつきから、オーナ様から額縁拝借してときにはカメラマンにもなって・・・。(汗
よく見たら、腰つきが怪しい・・・。笑







でようやく施工完了しました。
説明しますと、左の看板は、額縁まで全部プリントです。そう、上記で撮影した額縁の写真を看板に活かしました。で右の看板は、オーナー様が選んだ雑貨の鏡の額縁そのものを看板に拝借してしまいました。ウルトラC!?です。w

ラ・ビュー様LaBiyu壁面サイン


ただ、この様な木製の額縁を屋外の看板に使用するには注意が必要です。素材の雰囲気は良いんですけど、どうしても自然素材。自然素材の木は、風雨にさらされると、どうしてもいずれ朽ち果ててしまうもの。長持ちさせるには、一番良いのは、なるべく雨風直射日光を遮る事。それが不可能な場合は、まめに手入れ(防腐塗装等)が必要です。場合によっては、定期的に額縁を取り替える必要もあるかもしれません。



商売繁盛しますように・・・。

真っ黒な指

真っ黒な指一度汚すと、「もうどうでもいいやー。」って言うことで、こんな黒い指になっちゃいました。ちなみに今日のこの指の色は[オイルパステル]の色。
どうです?仕事してるって手でしょ?えっ?遊んでる手?

バックの魚のイラストは縮小レイアウト図。明日から現場入ります。




そうそう
お祝いしてもらいました。かわいらしいケーキ。さすがにロウソクは勘弁してもらいました。これからの貴重な時間、大切に使わなきゃ。って
バースディケーキ

後(株)と前(株)を間違えるなんて

私の仕事は[かんばん屋]。
商売柄、普段から会社の名前や人の名前の漢字の[つづり]等は細心の注意を払っているつもり。
電話でカッティングシート文字の依頼を承けた時も口頭だけではなく、間違いの無い様にFAXで文面にして送ってもらうようにしています。

でも、それでも時には間違いをしてしまうことがあるもので・・。

知り合いの会社の社長から依頼された新車のトラックの両ドア社名文字入れ。
○○工業(株)と入れるべきところを、何を思ったか(株)○○工業と入れてしまう超初歩的なミス・・。指摘後、即対処させていただきました。


このブログにて、重ねて陳謝いたします。次は間違いの無い様対応させていただきます。
ブログ内検索
管理人

杉山圭治

Author:杉山圭治
『地域に誇りを』 胸に鹿行魂的話題をお送りしています。
鹿行魂facebookページもあわせてご覧ください。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。