スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記者手帳より

先日鹿行魂ステッカーについて記事にしていただいた村田知宏記者さんから、
その取材の際に書けなかったこぼれ話を記者手帳に記してくださいました。

茨城新聞2014年3月12日(水曜日)県内総合 22面より抜粋
3-12.jpg

(記事より抜粋)
県外に住む地元出身者から入手の希望が寄せられた。遠方でステッカーを張った車を見たと喜ぶ声も届いた。結婚を機に鹿行に移り住んだ人からは、地域への思いが強くなったと聞かされた。「鹿行の良さを感じ、伝えたいと思っていた人はたくさんいる。誇りに思う気持ちにつながれば」(宏)



震災の時、
普段は縁遠い地域の人とも交流を図ってた。

一緒に活動すると
なんとなく地域の一員になれた気がした。

おもてだっては聞こえてこなかったけど、
自分と同じように思っていた人がたくさんいたね。

そして心強かった。
そしてそんな地域を誇りに思うよ。

これからも自分が出来る事を、
出来る時、
出来るだけ。
無理はしない。
一人の力は小さいけど、
めいめいが続けられれば、
お互いが心強く思えるよね。きっと
スポンサーサイト

〜東日本大震災から3年〜茨城新聞より

3.11を超えて〜東日本大震災から3年〜
日の出地区
液状化の苦難を糧に
(茨城新聞2014年3月5日(水)1面より抜粋)

2014-3-5.jpg

東日本大震災から3年が経とうとしています。
その中で、震災以降ずっと活動を続けている方にスポットを当てた茨城新聞の企画がありまして、管理人杉山もそのうちの一人として取材をうけました。

『ずっと続けてきたきた人だから感じる変化。なにかありませんか?』

そんな取材依頼をされてから、当時のtwitterログや、新聞記事、やりとりしたメールの数々を引っ張り出し今までの事を改めて振り返ってみました。
正直、私の気持ちの中は意外に当時からあまり変化がないもので「変わらないよ」という返事も用意していたんですが、私個人の鹿行魂ステッカーを配り歩いていた狭い範囲の反響の変化は感じていたので、村田記者には私の周りの狭い範囲の変化を特に伝えました。

ご存じかとは思いますが、潮来市内特に日の出地区は街全体が、まだまだ復旧途上の段階。
ですが、その他の地域は道路やライフラインもすっかり復旧していて目に見える範囲では震災のあとかたを目にする事が難しくなりました。

先日仕事先の職人さんから
私のかばんに貼ってある鹿行魂のステッカーを見ながら
「いつまで鹿行魂騒いでんだ?」
「もう終わりだっぺ」
と言われました。

私が鹿行魂を作っているとは知らないようでしたので、(この言葉は)この方の(気を遣わない)本心だな・・。
きっとこの人の中ではすっかり復興したんだな。
そう思えれば良いことだと思いました。

良いことと言えば、私自身震災以降地域への愛着が前より強くなりました。
地域が好きな気持ち。照れ隠しで蔑んだ言い方しちゃったりもするけど、
でもこころの中では大好き。
だいそれた事はできないけど、そんな風に思える小さなきっかけ作り。
私もそれだったらずっと続けていけるかな。と思っています。  管理人杉山

大阪マラソン2013で鹿行魂

当たり前のように走れることの幸せ。
根本さん素敵です。
これからも当たり前に走れる幸せ
たくさんかみしめられるといいですね☆
おめでとうございます。

osaka.jpg

御堂筋 駆け抜ける 大阪マラソン2013
震災で走破を断念2年越し夢かなう
(読売新聞 2013年10月28日(月)32面茨城版より抜粋)

 東日本大震災の影響で参加を断念してから2年。鹿嶋市下塙の会社員根本睦雄さん(42)は走る喜びをかみしめながら、3時間13分46秒で完走した。

 18歳からダイエットのためマラソンを始め、体重は85キロから70キロに減った。「嫌なことも忘れられる」ととりこになり、自己ベストは、市民ランナーが目標とするサブスリー(3時間未満での完走)に達した。

 2011年3月11日。大阪マラソン挑戦を考えていた頃に地震が発生。下水道の維持補修業務に追われて会社に6日間泊まり込み、気がついた時にはエントリーの締め切りが過ぎていた。
 「走ることを考える余裕もなかった」と振り返るように3ヶ月間、マラソンから離れたが、「改めて生きがいとしていることを痛感した」と話す。

 2年越しの願いがかなった大阪マラソン。1年前から、毎月約400キロを走り込み、「震災なんかに負けてらんねーべ」と背に記したシャツを着て大阪の街を駆け抜けた。「当たり前のように走れることの幸せを感じた。完走することで、元気になっていく茨城をみせられてと思う」笑った。
(紙面より)

復興ステッカー制作(読売新聞掲載)

yomiuri.jpg
ほのぼの@タウン
復興ステッカー制作■潮来■
(2013年5月24日(金)読売新聞地域茨城28面より抜粋)

震災一週間後にステッカーを作り始めてからあれからはや2年と2ヶ月が過ぎ、配布枚数も41,500枚を超えました。
地域は元気を取り戻しつつあると実感してますが、私はまだ必要とされる方の為にも続けていきたいと思っています。
今回この活動に目を止めて理解いただき取材に来ていただいた地域のタウンリポーターさんに感謝いたします。ありがとう。
もし鹿行魂ステッカーが欲しい方がいらっしゃいましたら下記のお問い合わせ先までコメントください。折り返しご連絡させていただきます。
http://sugiyamakobo.blog92.fc2.com/blog-entry-223.html

鹿行魂号完走-EVフェスティバル2012

中薗さん昨年のリベンジ果たせましたね。
完走おめでとうございます!!うれしい(T_T)

mainichipre.jpg
(平成24年10月21(日)毎日新聞茨城版25面より抜粋)

日本EVフェス:静かな走りを競う--筑波サーキット /茨城(yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121021-00000074-mailo-l08
ブログ内検索
管理人

杉山圭治

Author:杉山圭治
『地域に誇りを』 胸に鹿行魂的話題をお送りしています。
鹿行魂facebookページもあわせてご覧ください。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。